私 背が伸びた?伸張性ってこういうことなのね

Pocket

梅雨明けが待ち遠しい時期ですね。

雨ばかり続いて日照時間が短く野菜の値段も心配されますね。

ありがたいことに我が家はキュウリ、ナス、インゲンが取れ始め、いろんな調理法でお野菜を頂いています。ご近所さんからもキャベツ、ズッキーニなどを頂きありがたいことです。

あっ野菜を作っているのは90歳の義母、私は食べる人です💦

 

紫陽花も見頃ですね。

我が家の近くにもたくさんの紫陽花が咲いているお寺があり、それはそれは見事でした。

紫陽花にもいろんな種類があり色合いもいろいろ。

目で楽しませてもらいました。

 80種類もの紫陽花がある場所

 

加齢によって背は縮むっていうけど仕方ないのかな?

よく年を重ねると 昔より背が〇〇㎝も縮んじゃった・・・という言葉を耳にし、年をとると背が縮むのは仕方のないことなんだ。と思っていませんか? 私もそうでした。

確かに加齢により重力に逆らえなくなり縮むことは仕方ありません。

 

 

その速度を遅らせることはできるということを体感しました。

それは

介護の仕事をしていると姿勢は前傾姿勢がほとんどです。反ってはできませんよね。

特にベッド上での援助はどうしても中腰での姿勢が続きます。

自分の身長に合わせてベッドの高さを調整します。

今までは148㎝~150㎝の高さでの援助を行っていましたが、最近は150㎝~152㎝の高さにしないと腰への負担が大きいのです。

おかしいな?どうして今までより高くしないとつらいのだろう?

と疑問を持っていました。

 

ある日気づきました!!

 

そうか!

 

日々 気がついた時に体幹をグ~っと伸ばしているんです。背伸びです。

特に中腰の後などは元に戻す 感覚で。 それだけで気持ちいいですね。

 

日々の意識が答えてくれる

決して身長が伸びたわけではなく、時には呼吸を意識して

吸う時に胸の位置が上がる

吐く時は、その状態のままおへそが更に縦長になるイメージで体幹を伸ばす

  

 

これを気づいた時に いつでも行ってみる

こんな繰り返しが身長の縮みを戻してくれたんですね。

これなら日々できることではありませんか?

 

もう1度言いますね。

おへそが縦長になるように、胸の位置が高くなるように息を吸ってみてください。

体幹はそのままでゆっくり息を吐いてください。

吐く時 お腹が更に凹む感覚で。

 

この呼吸を思い出した時にいつでも、どこでも どうぞ。

 

 

 

決して若作りしたり、外見だけのきれいさを求めたり、それが目的ではなく

日々の所作がとても大切 ということを今 この年齢になって感じます。

(50代後半になると若作りを意識するのではなく、しなやかさ、醸し出す美しさに私は魅かれるんです。)

 

街中で見かけたワンピース おしゃれ!

それを着てお出かけ そんな楽しみがどんどん増えるといいですね。

 

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
横山 富美子
お客様の健康寿命を伸ばし、一生歩ける身体と、しなやかな女性らしさを手にいれるための身体の整え方をお伝えしています。
お問い合わせはこちら