非日常なことが楽しい 美しい。 日本を離れてみました その2

Pocket

世あ界は広い でも繋がっている。

2ヵ国を無事過ごしたのち後半はポーランド プラハの地に向かう。

いよいよ1番行きたかった場所に散数いてきた。1番行きたい場所が1番最後とはよくできたシナリオだなぁ

 

ポーランドはちょっと都会的な街

ポーランドでは有名な食器屋さんが並ぶ。つい私も買ってしまった食器

とても華やかな食器、この食器に賭けてきた人も!数万円使ったらしいです。

ランチで食べたバーガーが美味しかった~!日本では食べたいと思わないバーガーも所変わればで

肉の触感がほどよくあり、「おいしい」

そして 2日目のランチを食べたレストランには17歳の少女が(とても17歳には見えずもっと大人っぽい)

日本人の私たちをみて、日本が大好きでお話したいということで日本語でお話。

とても上手で独学で学んだということです。

 

 ピアノも置いてあるレストラン

お肉もおいしかった~

 

 

日本のアニメでは「NARUTO」が好きだって!

なんてすばらしいんでしょう、日本に憧れて独学で日本語を学び、日本人に合うことが出来でき、日本語で会話。

私ももっと英語が話せたら・・・

おいしかった、お腹いっぱいよ。と伝えると「ほんと?」という返事

ステキな出会いでした。

彼女も忘れられない時間になっただろうな。

 

そしていよいよプラハ

ホテル前の大きなスーパーへ直行

地元のスーパーでの夕食探し。外食ではなく買い出し。

ここでも所変わればで、

日本の様にお惣菜がない!

食ベもの探しに1周してしまう。でも楽しい!!

お寿司が僅かに売っている。やっぱりこれかなぁ  お寿司とビールで乾杯  ㇷㇷおいしい!

 

さあ いよいよ1番行きたかった場所  

聖ヴィート大聖堂

  ステンドグラス

  パイプオルガン

     

なんと厳かな空気

なんときれいなステンドグラス

なんと大きな教会

何度も何度も行ったり来たりして、脳裏に焼き付けておこうとしてたな。

そして点燈

 この灯が届きますように

 

 

3人で食べた高台のレストラン ここからの景色は絶景 お料理もおいしかったな

何度もここを訪れている友達のおかげで絶景場所に来れた。

 

すべてが非日常で でも居心地良くて 美しくて 楽しくて

初ヨーロッパにしては上出来! 珍道中もまた楽し!失敗もいい思い出!

私の人生でヨーロッパ旅行があったとは。

ありがとうです。

老若男女 住んでる場所も、仕事も違ういろんな人が縁あって同じ異国の地を共にして

行くところ 行くところに笑いがあり 同じものを見ても感じ方は違うだろうけど違う人生を感じたことに、自分の今を知ることができたワクワク、ドキドキの時間でした。

 

 

路地がとてもステキだった。

路地は人生を現すのだと。

その先には何が待っているのだろうか?わからないけど歩いてみたくなる。覗いてみたくなる。

まだまだ先は続きそうです。

命の洗濯ができたかな。

どうもありがとうございました。

 

 

 

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。

今日も1日ありがとう。

The following two tabs change content below.
横山 富美子
お客様の健康寿命を伸ばし、一生歩ける身体と、しなやかな女性らしさを手にいれるための身体の整え方をお伝えしています。
お問い合わせはこちら